ごあいさつ

代表取締役社長 鈴木芳知

代表取締役社長 鈴木芳知

2016年4月14日に熊本地震が発生し、震度7を記録する強い揺れが観測され、大きな被害をもたらしました。震災によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。そして、被災地域の一日も早い 復興を心よりお祈り申し上げます。

私たちマックスバリュ中部株式会社では、これまでも地震や災害への対策として、防災訓練の実施や物資の備蓄などを行ってまいりました。しかし、これまでの対策や準備が、まだまだ十分ではないということを改めて実感いたしました。当社が運営する店舗の多くは、東海地震や東南海地震の発生が予測される東海地方にあります。大規模な災害の発生時にも、地域社会の一員として、また、お客さまの日々の暮らしを支える生活インフラとしての役割を果たすスーパーマーケットとして、迅速な店舗復旧と営業を再開できる体制の構築を進めるとともに、愛知県・三重県はじめ地方自治体との包括協定の締結を通して、支援物資を提供できる体制を整え、今まで以上に安全で安心な店舗の実現を目指してまいります。

このような環境の中、“食”を預かるスーパーマーケットとして「ハレの日から普段使いまで、おいしい食卓をご提供する近くて便利なスーパーマーケット」として、お客さまにご満足いただけるよう、全力で取り組んでまいります。そして、社会貢献活動や環境保全活動を通じて地域の発展に寄与し、地域に根ざした「社会のお役に立つ」企業を目指してまいります。

皆さまの更なるご支援・ご指導を賜りますよう
お願い申し上げます。

ページトップへ